ネット通販、通信販売でのお買い物
ウィンドウショッピングはスターマーケット

 
メール配信

ハヤカワSFシリーズ『虚構の大地』
ふるほんや thinkzinkはSF、幻想怪奇 、異端などお宝満載のインターネット古書店です。
スターマーケットへ完全無料で出店
スターマーケットトップへ



ふるほんや think☆zink




ハヤカワSFシリーズ『虚構の大地』







商 品 名:ハヤカワSFシリーズ『虚構の大地』


価格:950円(税込)

送料:別
購入数:
商品についてのお問い合わせは
 
この商品は別ページへのリンクがあります
http://cart1.fc2.com/cart/thinkzink/?ca=37&item=3839
 
商品説明
 

ブライアン・W・オールディス 山田和子訳
早川書房
ハヤカワSFシリーズ3293

状態 初版、ビニカバあり。小口やけ。
1972/7/15初版
18.4cm 174p 125g
装幀:角田純男
原題:Earthworks (1965)


世界はまさに死に絶えようとしている。汚染されつくした大地による食糧の生産は、過剰な人口を養うにはあまりにも貧弱だった。栄養不良でやせ衰え、しかも食物や大気中の有毒物質に冒された半病人たちがシティにひしめきあう。それだけではない。その多くはまた、些細な法律違反を理由に苛酷な状況のもとで、死のみが待ちうける農場へと送り込まれる。 ノーランドもまた、そうした不運な人間のひとりだった。 しかし、数奇な運命の糸は、彼をトラベラーと呼ばれる農場脱走者の群れに投じ、次いで意外にも輸送船の船長としてアフリカの海岸へと導いていく。
アフリカ―そこは、世界の存亡を決すべき強大国が鎬を削り、裏取引とスパイの暗躍する大陸だった。 ノーランドの軌跡はそこでひとりの男、海上をそよ風に吹き流され、軽やかに旅する死体と交叉する。そして、この死体こそが、恐るべき最終戦争の引金を携えた、破滅からの使者だったのだ!
             *
袋小路に突き当った現代の脱出口を求め、スペキュレイティヴな作品を書き続ける、イギリスSF界の巨匠オールディスが、彼の「銀河は砂粒のごとく」とはまた異なる視点から人類の明日を描いた意欲作。




お支払方法、配送方法に関してはこちらをご覧下さい。